前回からの続きで、サッカー女子の高校生の経過について書いています。


クラブのトレーナーから検査を受けなさいと指導されたため、


彼女は整形外科にてレントゲン検査を受けました。


その結果は、シンスプリントということでした。


写真には骨折を疑わせる画像は何も映っていなかったのです。


ドクターからは、一定の期間はクラブ活動を休みなさいということでした。


その後、彼女は一定期間クラブを休みます。


とりあえず、良くなったと彼女自身が感じるまではクラブ活動はお休みです。


2週間はクラブ活動をお休みしました。


2
週間は休んだのですから、とりあえず痛みは落ち着いています。


通常では痛みを感じることはないのでサッカーに復帰です。


しかし、やはり走ると途端に痛みが出てしまうのです。


一日だけのサッカー復帰でしたが、


そのせいで日常生活での痛みが再発してしまいました。

サッカー女子 シンスプリント

そこで当院のことを耳にした彼女が来院されることになりました。


彼女の住所は東京、当院は兵庫県です。


東京でも装具製作ラボを開催しておりますが、


開催の日程までは待てないということだったのです。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/