シンスプはカラダの硬さが原因なのかと言えば、


それは明らかにNOだと言えます。


まず、それを統計的な数値から検証してみたいと思います。


これは平成11年度における高校生のクラブ活動別の人数です。

競技別人口 高校

最も競技人口が多いのが硬式野球で166000人。


二番目にサッカーで159000人。

(おそらく今はサッカーになっているのでないかと思いますが)


その後に、バスケ、陸上、バドミントンなど続いて、


最も競技人口が少ないのが水泳(飛び込み)の92人となっています。


当時の当院のシンスプ外来に来院された高校生の患者さまを対象として調べてみると、


競技人口のわりに突出して来院患者の多い競技が、


実は器械体操なのです。


では、シンスプの実数の多い競技は何かというと、

野球やサッカーがシンスプの患者数も多いものだと思うのですが、


最もシンスプの実数が多い競技は陸上となっています。


あくまでもこれは当院に来られた患者さまの統計ですから、


確実なものではありません。


しかし、統計の上では、


器械体操のシンスプ来院患者率が高いということは興味深い数字だと言えます。


なぜなら、器械体操の選手はカラダが硬くては成り立たない競技だからです。

このような統計は誰も知らないことです。

しかし、統計を取ることでしか得られない治療の発想があるのです。

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/