前回から、カラダや骨盤の歪みがシンスプの原因なのか?


というテーマについて書いています。


まず本題にはいる前に、


そもそも、カラダや骨盤の歪みとは何なのか?どのような状態を指すのか?


という点について書いてみたいと思います。

整形外科的な観点から論じると、

脊柱側弯症や辷り症などの疾患は別として、

骨盤やカラダの歪みなどという考えはそもそも存在しません。


ただし、これが骨盤矯正を専門とされている方に言わせると、


骨盤の歪みを
チュックする項目は多々あるのだそうです。


肩・脚の長さ・ねじれなどをチェックするようですが、


そのチェック項目は多岐にわたるようです。

産後骨盤矯正1

わかりやすいページを見つけましたので、下記のリンクを参照してみてください。

http://guild-c.jp/pelvis-distortion-check-2334

(本来ならば、もっと細かいのかもしれません)


これらをチェックすることで、


骨盤が傾斜しているのか?左右の傾きがあるのか?捻じれているのか?


などをチェックするということです。

(リンク先のページに書かれている施術所と当院とは何の関係もありません)


ただ、これまでの私の経験からすると、


痛みのない、まったくの健康体の方でも、ここまで細かくチェックすれば、


何らかのチェック項目には引っかかってしまうのではないでしょうか?


じゃあ、骨盤の歪みとは結局のところ何なのか?


ということになってしまいますが、


これはシンスプの症状でも同じことが言えます。

 【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/