さて、サッカー女子の彼女ですが、


彼女もスポーツ女子に多い、相当な痛みも我慢して頑張ってしまうような性格です。


これまで多くの患者さまを診てきて思うのですが、


男子よりも女子の方が我慢強いのは確かなようです。


加えて頑張り屋の性格だと、


骨折などの相当な痛みでなければ休むことなど考えません。


この彼女も同じような性格のようです。


スポーツにおいて、これくらい集中できるのは結構なことだと思いますが、


これが逆に災いしてしまうことも多いのです。


「治療を受けていれば何とかなる」という気持ちもわかりますが、


治療を受けてもどうにもならない痛みがあるのもまた事実なのです。


彼女は、その後整骨院で治療を受けていました。

シンスプリント 鍼治療

マッサージ、テーピング、電気治療、針などがメインです。

(鍼治療でシンスプリントが治るとは考えられないです)

治療を受けた後は、良くなった感じがしていたようですが、


それに反してシンスプはどんどん悪化してきています。


サッカーをしている時だけ痛みがあったのですが、


それは、朝起きた時、歩いている時、階段の昇り降りの時など、


日常生活にも痛みが強くなってきました。


そんな状態ですから、クラブのトレーナーから検査を受けなさいという指導がされました。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/