シンスプリント・オスグッド・シーバー病専門外来 つつじが丘接骨院のブログ2

カテゴリ:シンスプリント > シンスプリントってどんな痛み?

では、今回からはシンスプの痛みについて書きます。


シンスプは脛(すね)の痛みがその症状です。


この痛みを経験したことのない方にとっては、


すねが痛い!と言われてもピンとこないことだと思います。


しかし、この痛みは症状が進行するにつれて、


相当に強い痛みを発するようになってきます。


悪化した結果、疲労骨折という最悪のケースにまで発展してしまうのです。

A-Guide-to-Soothing-Painful-Shin-Splints


この痛みについて知っていただきたいこととして、

・すねのどこが痛むのか?

・どんな痛みなのか?その特徴は?

・どのような時に痛むのか?


ということについて書きます。


それぞれについて、


今後、深く掘り下げてブログをお届けしたいと思います。


今、このブログをお読みいただいている方は、


患者さまご本人、
その患者さまのご両親、あるいは、クラブの指導者の先生、

ではないでしょうか?


どのような立場の方であれ、


まずはシンスプがどのような痛みなのかを知っていただいて、


今後に役立てていただけたら幸いです。

 【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/



前回の記事からの続きになります。


まずは、シンスプって脛のどこが痛むのだろう?ということです。


一般的には、すねの骨が痛むということになっていますが、


これだけでは具体的にどこが痛むのかというのかはわかりません。


当院ではこれまで4800例(平成28年末現在)のシンスプを診てきていますので、


どのあたりが痛むというパターンがわかっています。


これは競技やフォーム、痛みの経過などによって変化します。


シンスプを診始めた時にはわからなかったことですが、


さすがに4800症例も超えるようになると、

当時はわからなかったことがわかるようになってきます。


そのシンスプの痛みについて分類しながら書きます。


まず、シンスプの痛みの部位は大きく分けると二つに分けることができます。

FM_ShinSplints_v3-01

POSTERIOR SHIN SPLINTSは骨が痛むという一般的なシンスプリント
ANTERIOR SHIN SPLINTSは脛の前の筋肉部分が痛みます。(前外側シンスプリントと呼びます)

1
)脛骨が痛む場合

2)すねの外側部分の筋肉が痛む場合(前外側シンスプリントといいます)


この二つに分けることができます。


前外側シンスプリントについては、
またいつか取り上げたいと思いますが、


今回の記事では、脛骨が痛むという最も多いシンスプリントについて取り上げます。



 【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
 
 ホームページ http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/


では、前回からの続きで、


シンスプってどこが痛むのだろう?について書きます。


まず、間違いなく言えることは、


シンスプは脛骨の内側であればどこでも発生するということです。


ウェブサイトや医学の参考書などには、


脛骨の内側面に対して、


下から1/3のあたり、上から1/3あたりに発生する、
と書かれていいます。


確かにその部分の痛みは多いのです。


これは脛骨という骨の構造上、仕方がないことなのです。

(この点についてはいずれ解説します)


ただし、実際にはそのようなケースばかりではなく、


・脛骨のすべてが痛むケース、

・脛骨の前部分のエッジのある部分が痛むケース、

・脛骨の裏側が痛むというケース、


などを確認しています。

シンスプ発症部位 ブログ用3
シンスプリントの発症部位①

シンスプ発症部位 ブログ用4
シンスプリントの発症部位②

これは競技やフォーム、痛みの経過などによって変化し発症します。


例えば、器械体操に発症するパターンと陸上の長距離走などに発症するパターンは、


同じシンスプであっても、
その痛みは違うことが多いのです。


この点についても、いずれこのブログで書きたいと考えています。

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/



前回は、シンスプの痛みってどこに出るのだろう、


ということについて書きましたが、


今回は、シンスプってどんな痛みなのか?


その特徴について書きます。


シンスプの痛みについては人それぞれです。


・脚の骨の内側に鋭く突き刺すような痛み、

・ジンジンと疼くような痛み、

・骨が折れそうな感じ、

・かすかに何か感じる程度、


など、人によって訴え方は違います。


なので、ここで書くのは、


シンスプ4000人を診てきた中で、
最も多い患者さまの痛みの表現について書きます。

sinsplints symptom

まず、多くの患者さまがシンスプの痛みの出始めに感じるのは、


スポーツをしている時の
「ふくらはぎの内側に感じる違和感」です。


違和感というのは、人それぞれの感じ方が違いますが、


・ふくらはぎがだるい

・何かの拍子に脚が抜けそうになる

・脚が重い

・いつもとは何か違う


というようなことを言われます。


このような違和感からシンスプの痛みは変化を起こしてきます。

 【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/



シンスプの痛みの感じ方について書いています。


シンスプの初期は必ずと言っていいほど、


ふくらはぎの違和感から始まります。


いきなり強烈な痛みが出ることはほぼありません。


本来であれば、この状態の時に治すことがベターなのですが、


この状態、違和感しか感じていない時に治療される方などほぼいません。

shin-splints shotto

この状態のままスポーツをしていることでシンスプは徐々に悪化をしてきます。


「昨日までは違和感だったけど、今日は少し痛い!」

「痛みがいつもとは違って、すごく痛い!」

「すねの部分が腫れてきている!」

「今日の朝は起きて立つのも痛くなってしまった!」


など、様々な痛みに変化をしてきます。


この状態がさらに悪化すると、


スポーツをしている時には常に痛みが発生するようになってきます。


もっと症状が進行すると、


時には、この痛みが慢性化して、


数年もの期間シンスプを患うことになる患者さまが発生する、


ということになるのです。


次回からは、


スポーツとシンスプリントの痛みということで
書いてみたいと思います。

 【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/


↑このページのトップヘ