シンスプリント・オスグッド・シーバー病専門外来 つつじが丘接骨院のブログ2

カテゴリ:シンスプリント > カラダや骨盤の歪みがシンスプリントの原因?

当院のシンスプリント外来には、年間600800人の患者さまに来ていただいています。


近くは当院の地元兵庫県三田市から、


遠方からだと、北海道や沖縄からという方も珍しくはありません。


みなさん、それぞれの地方でシンスプの治療を受けられていることがほとんどです。


治療でお世話になっている先生からは、


様々なことをシンスプの原因として告げられてきます。


その先生の考え方が反映されていて、聞いていても興味深いところです。


その原因の中に、


・あなたはカラダが歪んでいるからシンスプになるのです。

・骨盤の歪みこそがシンスプの原因です。

骨盤の歪み

というようなことを言われて来院される患者さまは珍しくはありません。


カラダや骨盤の歪みが原因?、本当にそう考えているのだろうか?


と、私は思ってしまうのですが、


治療をしている方がそう考えているのですから、


患者さまとしてはそう思い込んでしまうのです。

ということは、治療も骨盤を治そうとするものになってしまいます。


はたして、カラダや骨盤の歪みはシンスプの原因となるのでしょうか?


そもそも、カラダや骨盤の歪みって何をもってそう言っているのでしょうか?


その根本的なところから、


今回の記事を書いてみたいと思います。

  【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

前回から、カラダや骨盤の歪みがシンスプの原因なのか?


というテーマについて書いています。


まず本題にはいる前に、


そもそも、カラダや骨盤の歪みとは何なのか?どのような状態を指すのか?


という点について書いてみたいと思います。

整形外科的な観点から論じると、

脊柱側弯症や辷り症などの疾患は別として、

骨盤やカラダの歪みなどという考えはそもそも存在しません。


ただし、これが骨盤矯正を専門とされている方に言わせると、


骨盤の歪みを
チュックする項目は多々あるのだそうです。


肩・脚の長さ・ねじれなどをチェックするようですが、


そのチェック項目は多岐にわたるようです。

産後骨盤矯正1

わかりやすいページを見つけましたので、下記のリンクを参照してみてください。

http://guild-c.jp/pelvis-distortion-check-2334

(本来ならば、もっと細かいのかもしれません)


これらをチェックすることで、


骨盤が傾斜しているのか?左右の傾きがあるのか?捻じれているのか?


などをチェックするということです。

(リンク先のページに書かれている施術所と当院とは何の関係もありません)


ただ、これまでの私の経験からすると、


痛みのない、まったくの健康体の方でも、ここまで細かくチェックすれば、


何らかのチェック項目には引っかかってしまうのではないでしょうか?


じゃあ、骨盤の歪みとは結局のところ何なのか?


ということになってしまいますが、


これはシンスプの症状でも同じことが言えます。

 【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

骨盤の歪みとシンスプについて書いています。


前回、骨盤の歪みのチェック方法について書きました。


全くの健康体の方でも、何らかのチェックに引っかかってしまうという結論でしたが、


これはシンスプでも同じことが言えるのです。


・骨盤の歪みがない人でもシンスプになってしまう!

・骨盤の歪みがあっても、シンスプにならない人は大勢いる!


ということなのです。

骨盤の歪み2
(シンスプの原因を骨盤ばかりに考える必要はありません)

つまりは、シンスプの原因として、


骨盤の歪みなどをチェックする必要は全くない、ということです。


これをシンスプの原因としてしまうと、


シンスプを治すために必要な本質を見落としてしまうことになります。


何カ月・何年も治らないまま過ぎてしまうことにもなりかねません。


このようなことを原因とされてきた症例は多く診てきましたが、


不必要な治療ばかりを繰り返すことになります。


本当に骨盤の歪みがシンスプの原因であるとするのであれば、


なぜ、シンスプは悪化すると疲労骨折になってしまうのでしょう?


この点について、納得のいく説明はできないのです。


次回は、骨盤の歪みを原因とされ、


10
か月もの期間、整体治療を受けてきた患者さまのケースをご紹介します。


【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

彼は東京の装具製作ラボにお越しいただいた患者さまです。


もう数年もの間シンスプを患っています。


何をしても痛みが取れないということで、
クラブ活動もやめてしまいました。
(とても残念なお話です)


その彼から、


最後のチャレンジということで装具での治療にトライしてみたいとご連絡いただきました。


もし、痛みがなくなるのであれば、


もう一度クラブ活動に復帰したいということです。


クラブはバスケットボールですが、

何としてもクラブ活動に復帰させてあげたいと考えました。

患者 骨盤歪み

その彼は、当院にご連絡いただく前は、

○○○整体という整体に10か月もの期間通っていました。


1
回5000円以上の費用と時間をかけて整体通いを続けています。

骨盤歪み 問診票

でも、何の変化もありません。
※整体について文句をつけるのではありませんが、
整体ですべてが治せるという宣伝については反論したくなります。


その整体で言われたのは、カラダと骨盤の歪みということだったのです。


カラダや骨盤の歪みからシンスプになるのであれば、


歪みのない人は、絶対にシンスプにならないという理屈になりますが、


実際にはそのようなことはありません。


もちろん、その彼も装具療法をしていただくことで、


しっかりと効果が出て、走れるようになったという連絡をいただいています。


患者さまは、骨盤やカラダの歪み、ということが原因だと言われてしまうと、


そんなものなのか、ということでついつい納得してしまいがちです。


しかし、そのようなことはありません。


私から言わせれば、


シンスプの原因を何も考えもせず、


ただ、歪みというフレーズでもって、


患者さまを納得させてしまいたいという治療家の嘘でしかないと考えています。


次回からは、


筋肉が引っ張るからシンスプなるのは本当?というテーマで書いてみたいと思います。


なぜシンスプになるのかということについて、昔から言われていることです。


シンスプの原因の大本命とされています。


私もそのように習ってきましたし、そう思ってきていました。


少し長くなるテーマですが、


このテーマについて書いていきたいと思います。

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

↑このページのトップヘ