シンスプリント・オスグッド・シーバー病専門外来 つつじが丘接骨院のブログ2

タグ:つつじが丘接骨院

※お詫び
ここ数か月ブログの更新が止まってしまっておりました。
毎日たくさんの読者の方に訪れていただいて感謝しています。
こちらを更新しないといけないと思いつつ、ホームページの更新作業に手を取られていて、
ブログの記事をあげるのが遅れてしまっていました。
これからは定期的に更新しますので、またお読みいただけますと幸いです。

……………………以下、前回からの記事の続きです……………………

さて、お父さんとはるばる東京から兵庫県まで来ていただきました。


診たところ、やはりシンスプの痛みは強そうです。


レベル1の状態だったら装具をしていただくだけで痛みが取れます。


しかし、レベル2の状態になると、装具だけでは痛みは小さくなるものの、


なくなるという改善のしかたはしません。


また、日常的な痛みも付随してきますから、


この場合は日常生活用の装具も装着してもらうことになります。


その装具をしても日常生活の痛みがなくならない場合は、


疲労骨折を強く疑わなくてはいけません。


彼女の場合は、レベル
2の症状を超えていました。


つまり、疲労骨折が疑わなくてはいけないという症状です。


これまでにレントゲン検査は受けていますから、この場合必要なのはMRI検査です。


はしもと3
              (MRI写真を拡大して載せています)

とりあえず、装具を製作して、


彼女には東京に戻ってからMRI検査を受けるように指導しました。


結果は、やはり疲労骨折だったのです。


レントゲン検査には何も映らない状態であるが、


MRI
検査だと疲労骨折が確認できるという状態のものでした。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

前回からの続きで、サッカー女子の高校生の経過について書いています。


クラブのトレーナーから検査を受けなさいと指導されたため、


彼女は整形外科にてレントゲン検査を受けました。


その結果は、シンスプリントということでした。


写真には骨折を疑わせる画像は何も映っていなかったのです。


ドクターからは、一定の期間はクラブ活動を休みなさいということでした。


その後、彼女は一定期間クラブを休みます。


とりあえず、良くなったと彼女自身が感じるまではクラブ活動はお休みです。


2週間はクラブ活動をお休みしました。


2
週間は休んだのですから、とりあえず痛みは落ち着いています。


通常では痛みを感じることはないのでサッカーに復帰です。


しかし、やはり走ると途端に痛みが出てしまうのです。


一日だけのサッカー復帰でしたが、


そのせいで日常生活での痛みが再発してしまいました。

サッカー女子 シンスプリント

そこで当院のことを耳にした彼女が来院されることになりました。


彼女の住所は東京、当院は兵庫県です。


東京でも装具製作ラボを開催しておりますが、


開催の日程までは待てないということだったのです。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

さて、サッカー女子の彼女ですが、


彼女もスポーツ女子に多い、相当な痛みも我慢して頑張ってしまうような性格です。


これまで多くの患者さまを診てきて思うのですが、


男子よりも女子の方が我慢強いのは確かなようです。


加えて頑張り屋の性格だと、


骨折などの相当な痛みでなければ休むことなど考えません。


この彼女も同じような性格のようです。


スポーツにおいて、これくらい集中できるのは結構なことだと思いますが、


これが逆に災いしてしまうことも多いのです。


「治療を受けていれば何とかなる」という気持ちもわかりますが、


治療を受けてもどうにもならない痛みがあるのもまた事実なのです。


彼女は、その後整骨院で治療を受けていました。

シンスプリント 鍼治療

マッサージ、テーピング、電気治療、針などがメインです。

(鍼治療でシンスプリントが治るとは考えられないです)

治療を受けた後は、良くなった感じがしていたようですが、


それに反してシンスプはどんどん悪化してきています。


サッカーをしている時だけ痛みがあったのですが、


それは、朝起きた時、歩いている時、階段の昇り降りの時など、


日常生活にも痛みが強くなってきました。


そんな状態ですから、クラブのトレーナーから検査を受けなさいという指導がされました。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

前回まで、


シンスプリントが疲労骨折を起こしてしまった場合のケースを書きました。


では、なぜこのようなことが発生するのかということについて書きます。


これまでこのブログでは、


・シンスプは筋肉の硬さなどでは発症しない

・カラダの硬さが原因であるということも否定している

・骨盤の歪みなどが原因でシンスプは発症しない


ということを一貫して書いています。


なぜなら、上記のようなことが原因で疲労骨折などは発症しないからです。

シンスプリントのレントゲンとMRI画像

現在様々な治療が提供されていますが、


そのほとんどは、上記のようなことをシンスプの原因としています。


だから治すことができないのです。


骨が損傷しているのにもかかわらず、


マッサージ、整体、骨盤矯正、鍼治療、テーピング、筋トレなど、


その治療の対象は筋肉、関節となっています。


なぜ、シンスプが疲労骨折へと悪化するのか?ということを、


突き詰めて考えていくと、


そこには、これまでは違う見解が生まれてくるのです。


次回は、シンスプリント外来、装具製作ラボに来られた患者さまの中から、


シンスプが疲労骨折へと悪化してしまったケースを紹介したいと思います。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

前回に続いて、


シンスプにより発症する疲労骨折のタイプについて解説しています。


③レントゲンでもMRI検査でも疲労骨折が確認でき、それが多発しているタイプ


この骨折の特徴は、


脛骨のあらゆる場所で骨折が多発してしまっている。ということです。

copy123

シンスプリント5000症例を診てきた私でも、これまで数例しか診たことがありません。


それくらい珍しいタイプです。


なぜ、ここまで悪化してしまうのか?ということですが、


このタイプの骨折に共通していることがあります。


・大学生あるいは高校23年生である。

・女性に発症するケースが多い(女性しか診たことありません)

・陸上部

・中学生の時からシンスプを患っていることが多い。

・頑張り屋という性格である。


ということなのです。


共通する事項や問診などから推測できることは、


練習は絶対に休めない、

あるいは休ませてもらえないというクラブの活動状況で、


本人も絶対に休まない、という強い意志を持っています。

(クラブを休めないというのは、指導者の指導だけではなく、同じクラブの人から陰口を言われてしまうということもあります)


基本的な走り方に問題があるにもかかわらず、


シンスプが痛むためにフォームを変える余裕もないということも共通しています。


あと、このタイプを何人か診てきた経験から言うと、必ず女性なのです。


これはフィジカル的な問題ではなく、


男性の場合はそこまで我慢が出来ずにリタイアしてしまうということなのだと思
います。


このような条件が揃ってしまうことで、脛骨のあちらこちらに負担がかかります。

(これは走り方が変わってしまうことで負担のかかる箇所が変わるのだろうと思います)


そして、このような不幸なケースが発症してしまうのです。

このケースでは、整体・鍼治療・ストレッチ・マッサージなどのような治療では、

絶対に効果は出ません。


しかし、当院では、


このようなケースでもしっかりと結果を出せるように対応させていただいています。

それだけ装具療法は効果的な治療なのです。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

↑このページのトップヘ