シンスプリント・オスグッド・シーバー病専門外来 つつじが丘接骨院のブログ2

タグ:サッカー

※お詫び
ここ数か月ブログの更新が止まってしまっておりました。
毎日たくさんの読者の方に訪れていただいて感謝しています。
こちらを更新しないといけないと思いつつ、ホームページの更新作業に手を取られていて、
ブログの記事をあげるのが遅れてしまっていました。
これからは定期的に更新しますので、またお読みいただけますと幸いです。

……………………以下、前回からの記事の続きです……………………

さて、お父さんとはるばる東京から兵庫県まで来ていただきました。


診たところ、やはりシンスプの痛みは強そうです。


レベル1の状態だったら装具をしていただくだけで痛みが取れます。


しかし、レベル2の状態になると、装具だけでは痛みは小さくなるものの、


なくなるという改善のしかたはしません。


また、日常的な痛みも付随してきますから、


この場合は日常生活用の装具も装着してもらうことになります。


その装具をしても日常生活の痛みがなくならない場合は、


疲労骨折を強く疑わなくてはいけません。


彼女の場合は、レベル
2の症状を超えていました。


つまり、疲労骨折が疑わなくてはいけないという症状です。


これまでにレントゲン検査は受けていますから、この場合必要なのはMRI検査です。


はしもと3
              (MRI写真を拡大して載せています)

とりあえず、装具を製作して、


彼女には東京に戻ってからMRI検査を受けるように指導しました。


結果は、やはり疲労骨折だったのです。


レントゲン検査には何も映らない状態であるが、


MRI
検査だと疲労骨折が確認できるという状態のものでした。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

さて、今回からは、


シンスプリント外来(兵庫)、装具製作ラボ(東京)の患者さまの中から、


シンスプが疲労骨折まで悪化してしまった患者さまを紹介します。


彼女は東京にお住いの高校生でサッカーをしています。

サッカー 

通学している高校は女子サッカーではかなりの強豪校です。


彼女自身、中学の時から注目されている存在のようです。


彼女が脚に痛みを感じ出したのが、


春休みも近くなってきて、練習量が前にも増して増えてきた時のことです。


当初は、それほどでもない痛みだったとのことですが、


その痛みが徐々に強くなっていたのです。


走っている時、切り返しの時、ダッシュの時など全ての動きに痛みが出てきています。


チームメイトがシンスプになったのを見てきましたから、


自分の痛みがシンスプリントなんだとすぐにわかったのだそうです。


チームのトレーナーからも治療に行きなさいということで、


これまでに通っていた整骨院に治療に向かったのです。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

今日からは、スポーツとシンスプリントの痛みについてというテーマで書きます。


当院には、様々なスポーツでシンスプを発症してしまった患者さまが来院されます。


メジャーなスポーツでは、


野球、サッカー、陸上、バレーボール、バスケットボール、テニス、バドミントン、


ラグビー、アメフトなどは、専門外来に来院される患者さまの多いスポーツです。

rehab06

少しマイナーなスポーツになると、


剣道、空手、ダンス系、チアリーディングなどのスポーツでも、

330547_photo


シンスプ専門外来に来られています。


この結果から言えることは、


シンスプはどのようなスポーツであっても発症する、ということです。


逆に
シンスプの発症しないスポーツというのもあります。


これは、シンスプリント発症の原因が存在しないということにも繋がりますが、


これについては、相当に長いテーマになりますから、


またの機会に取り上げることにします。

 【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/


↑このページのトップヘ