シンスプリント・オスグッド・シーバー病専門外来 つつじが丘接骨院のブログ2

タグ:シンスプリント

前回まで、


シンスプリントが疲労骨折を起こしてしまった場合のケースを書きました。


では、なぜこのようなことが発生するのかということについて書きます。


これまでこのブログでは、


・シンスプは筋肉の硬さなどでは発症しない

・カラダの硬さが原因であるということも否定している

・骨盤の歪みなどが原因でシンスプは発症しない


ということを一貫して書いています。


なぜなら、上記のようなことが原因で疲労骨折などは発症しないからです。

シンスプリントのレントゲンとMRI画像

現在様々な治療が提供されていますが、


そのほとんどは、上記のようなことをシンスプの原因としています。


だから治すことができないのです。


骨が損傷しているのにもかかわらず、


マッサージ、整体、骨盤矯正、鍼治療、テーピング、筋トレなど、


その治療の対象は筋肉、関節となっています。


なぜ、シンスプが疲労骨折へと悪化するのか?ということを、


突き詰めて考えていくと、


そこには、これまでは違う見解が生まれてくるのです。


次回は、シンスプリント外来、装具製作ラボに来られた患者さまの中から、


シンスプが疲労骨折へと悪化してしまったケースを紹介したいと思います。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

前回に続いて、


シンスプにより発症する疲労骨折のタイプについて解説しています。


③レントゲンでもMRI検査でも疲労骨折が確認でき、それが多発しているタイプ


この骨折の特徴は、


脛骨のあらゆる場所で骨折が多発してしまっている。ということです。

copy123

シンスプリント5000症例を診てきた私でも、これまで数例しか診たことがありません。


それくらい珍しいタイプです。


なぜ、ここまで悪化してしまうのか?ということですが、


このタイプの骨折に共通していることがあります。


・大学生あるいは高校23年生である。

・女性に発症するケースが多い(女性しか診たことありません)

・陸上部

・中学生の時からシンスプを患っていることが多い。

・頑張り屋という性格である。


ということなのです。


共通する事項や問診などから推測できることは、


練習は絶対に休めない、

あるいは休ませてもらえないというクラブの活動状況で、


本人も絶対に休まない、という強い意志を持っています。

(クラブを休めないというのは、指導者の指導だけではなく、同じクラブの人から陰口を言われてしまうということもあります)


基本的な走り方に問題があるにもかかわらず、


シンスプが痛むためにフォームを変える余裕もないということも共通しています。


あと、このタイプを何人か診てきた経験から言うと、必ず女性なのです。


これはフィジカル的な問題ではなく、


男性の場合はそこまで我慢が出来ずにリタイアしてしまうということなのだと思
います。


このような条件が揃ってしまうことで、脛骨のあちらこちらに負担がかかります。

(これは走り方が変わってしまうことで負担のかかる箇所が変わるのだろうと思います)


そして、このような不幸なケースが発症してしまうのです。

このケースでは、整体・鍼治療・ストレッチ・マッサージなどのような治療では、

絶対に効果は出ません。


しかし、当院では、


このようなケースでもしっかりと結果を出せるように対応させていただいています。

それだけ装具療法は効果的な治療なのです。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

では、前回に続き、


シンスプにより発症する疲労骨折のタイプについて書きます。


②レントゲンで明らかな骨折が確認できるタイプ


このタイプはレントゲンで直ぐに判明しますから、


素人の方が検査画像を見てもすぐにわかります。

シンスプリントが疲労骨折1

上の画像は、
シンスプが疲労骨折を起こしてしまった場合をわかりやすくイラストにしたものです。


明らかに骨に線が入ってしまっています。


極端に脚に負荷がかかる競技に多いのですが、


①の状態を我慢して競技を続けてしまうことで、

このタイプに進行してしまうこともあります。

IMG_4128

また、シンスプになったこともない人がある日突然こうなってしまった、


ということもあるのです。


このあたりの原因については、これから書く予定にしています。


③レントゲンでもMRI検査でも疲労骨折が確認でき、それが多発しているタイプ


おそらく、このタイプの疲労骨折を診たことのある医療関係者はかなり少ないと思います。

copy123

当院でも年に1例あるかどうかというくらい、発症率は低いタイプです。


私が診ても、可哀想になるくらい経過も悪いですし、


治るまでには相当な期間を要してしまいます。


まして、競技に復帰出来るまでにはもっとかかります。


本人の痛みも相当なものだと思います。


画像から判断できることは、


脛骨が虫食い状態になってしまっている、ということです。


なぜ、ここまで骨折が進んでしまうのか、ということについては、


推測になってしまいますが、次回に書きたいと思います。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

シンスプの疲労骨折の場合は、最初レントゲンに写らないことがほとんどです。


患者さまとしては、


レントゲンに何も写っておらず、心配がないということで、


スポーツに復帰しても大丈夫!と考えてしまいがちになるのですが、


この時点で症状を併せて考えることがとても重要なのです。

(前回までのテーマ「シンスプリントの症状レベル」も併せてお読みください)


そうすることで、疲労骨折は未然に防ぐことができます。


では、シンスプが疲労骨折を起こす場合、


その程度によって疲労骨折の形態も変わってきます。


まず、一番多いタイプの疲労骨折としては、


①レントゲンには写らないがMRI検査で確認できるタイプ


シンスプが疲労骨折となってしまう場合には、このタイプが最も多いタイプです。

シンスプリントのレントゲンとMRI画像

レントゲン検査をしても何の変化も写ってはいないので、


問題なしと診断されてしまうことも多々あります。


気を付けなければいけないケースです。


画像としては、レントゲンには骨折を疑わせるものは写ってはいないのですが、


MRI
検査をしていただくことで、

脛骨が炎症を起こしている様子が確認できます。

とりあえず、レントゲン検査では問題がないので、


スポーツを続けてしまうことが多く、

その結果として疲労骨折へと悪化してしまいます。

ここで
シンスプリントのMRI検査についてということで追記しておきます。


◇◆◇◆◇◆シンスプリントのMRI検査について◇◆◇◆◇◆


一般的には、骨の検査ではMRIなどは使われないことが多いようですが、


シンスプリントは骨の内部での骨折を考えなければなりません。


ですから、骨の内部が観察できるMRIを使われることが多いのです。


MRI
の場合は様々な撮影方法があるのですが、


シンスプの場合は、水分が白く映る撮影法で検査をします。

T2脂肪抑制と言われています)


こういう撮影法でMRI検査をすると、炎症の強い部分が白く映し出されます。


炎症が強いということは、

その部分に多くの水分が集まりますから白く映し出されるのです。


骨折がある場合、その部分は強い炎症があるわけですから、


よりはっきりと白い画像を確認することができます。


だから、シンスプの場合はT2脂肪抑制画像で検査をされるのです。


ちなみに脂肪抑制とは、


脂肪の画像も白く映し出されると、画像が白いばかりになるので、


脂肪もあまり写さないように、水分だけをより強調しましょう、ということです。


シンスプの骨折のタイプの解説は次回に続きます。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

さて、今回はシンスプが疲労骨折へと悪化してしまう過程について書きます。


下記の図は、すねの断面図です。

4518_312_642-tibialis-posterior-site-for-emg


茶色に写っているのが骨になります。


二本ある骨のうち、太い方の骨が脛骨となります。


ここで着目していただきたいのが、


疲労骨折を起こすのは、細い方の骨(腓骨)ではなく、


太い方の骨(脛骨)であるということです。

tibial-stress-fractureial


細い方の骨が疲労骨折を起こすこともありますが、

(細い方の骨が骨折を起こしたとしても、基本的にはシンスプリントと呼んでもいいのではないかと考えています)


ほとんどは太い方の骨が骨折を起こしてしまうことの方が多いのです。

(なぜ、細い方の腓骨ではなく、脛骨なのであるかは今後このブログで書きます)


脛骨の疲労骨折は、最初からレントゲンに映ることは稀です。


レントゲンに写らないからこそ、


骨には問題がない、という診断になってしまうのですが、


この時点で、画像だけではなく、


症状も合わせて考えてあげることができれば、


疲労骨折を起こしてしまう確率はグンと低くなるはずです。

記事下広告

【つつじが丘接骨院(兵庫)&装具製作ラボ(東京)】
  ホームページ 
http://www.tsutsuji-sekkotsu.com/
  フェイスブック(兵庫)https://www.facebook.com/tsutsujisekkotsu
  フェイスブック(東京)https://www.facebook.com/sinsplints/
  新ブログ http://orthotics.blog.jp/
  旧ブログ http://blog.livedoor.jp/murotti2002/

↑このページのトップヘ